根管治療

根管治療とは

『根管(こんかん)』とは歯根(歯の根っこ)の中を通っている細い管のことです。歯の知覚をつかさどる神経や栄養を届ける血管は、この根管を通じて全身の神経や血管とつながっています。

根管治療とは

大きなむし歯やケガなどによって歯が大きく欠けてしまうと、外部の細菌が根管内に侵入して神経や周囲の組織の炎症を引き起こします。根管治療ではこのような際に根管内の神経や感染物質を取り除き、炎症をおさえていきます。

また過去の根管治療が不十分で、再び根管内に細菌が増殖したケースにおいても再治療をおこない、根管内に残っている汚染物質を取り除いていきます。

根管治療の最終目標は、神経や血管がなくなった歯を治療後も長く安定させることです。そのために治療では根管内をできるかぎり無菌に近い状態にし、さらに再び細菌が感染しないよう薬剤を緊密に詰めることが重要となります。

?難易度の高い根管治療?

根管の直径は約1mmと非常に細く、その内部を肉眼で確認することができません。くわえて根管の形状はとても複雑で、湾曲しているものや途中で枝分かれしているものも多くあります。

このような根管を雑に扱ってしまうと根管内部を傷つけしまうほか、細菌を残してしまうことで根管に再び感染を引き起こす可能性も生じさせてしまいます。以上のことから数ある歯科治療の中でも根管治療は特に難易度が高く、歯科医には繊細な作業と高いスキルが求められています。

当院の根管治療

マイクロスコープ下による治療

マイクロスコープ下による治療

当院では肉眼では見えにくい部位を5~20倍にまで拡大できるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入し、根管治療でもこれを活用しています。マイクロスコ―プによって微細な部分も直接目で確認しながら作業がおこなえるため、治療の精度が飛躍的に向上します。

ラバーダムの使用

ラバーダムの使用

ラバーダムは歯科治療の際に使用するゴム製のマスクで、患部に唾液や細菌が侵入するのを防ぎます。当院の根管治療ではラバーダムを使用し、治療中も根管内に新たな汚染物質や細菌が入らないよう細心の注意を払っています。

ニッケルチタンファイルによる清掃・拡大

ニッケルチタンファイルによる清掃・拡大

根管治療では『ファイル』とよばれる細い針のようなものを根管内に挿入し、汚染物質の除去や根管内の清掃・拡大をおこなっていきます。

当院が使用するニッケルチタンファイルは従来型のステンレスファイルよりも弾性に富み、複雑な形状をした根管も傷つけることなく、スムーズに作業を進めることができます。

また通常は太さの違うファイルを何本も挿入しながら根管の拡大をおこないますが、当院はこれを1本のファイルでおこなう『シングルファイルテクニック』を採用しています。これにより根管の拡大・形成が従来の治療よりもさらに素早く確実におこなえます。

CWCT法(コンティニュアス・ウェーブ法)による根管充填

CWCT法(コンティニュアス・ウェーブ法)による根管充填

根管充填とは無菌に近い状態になった根管内に薬剤を緊密に詰める作業のことで、根管治療の最終段階になります。これまでの治療がたとえ順調に進んだとしても、この根管充填が不十分ではわずかなすき間から再び細菌が侵入または増殖してしまうため、再治療を免れません。

この根管充填には様々な方法がありますが、当院ではCWCT法(コンティニュアス・ウェーブ法)という手法を採用しています。CWCT法はアメリカの根管治療専門医の間では主流となっている方法で、根管内に薬剤をより緊密に、確実に詰めることが可能です。