審美歯科

審美治療とは

口元に“美しさ”と“自信”を取り戻す

歯科治療の目的は大きく3つにわかれます。1つ目は“むし歯や歯周病などの病気を治すこと”。2つ目は“噛む機能を回復すること”。そして3つ目は“見た目を改善すること”です。

口元に“美しさ”と“自信”を取り戻す

一方で従来の治療では先の2つの目的は達成できるものの、3つ目の目的である“見た目の改善”にはあまり重点が置かれません。そこで審美治療では従来の治療にくわえ見た目の美しさを追求する治療をおこなっていきます。

審美治療ができること

「銀歯を白くしたい」
「歯の色だけでなく形も整えたい」
「長持ちする素材を選びたい」

このようなご希望のある方は『白い詰め物・被せ物による治療(セラミック治療)』がおすすめです。

「歯の黄ばみをなんとかしたい」
「自分の歯をもっと白くしたい」

このようなご希望のある方は『ホワイトニング』がおすすめです。

体に優しい『メタルフリー』

審美治療で使用される材料は見た目がきれいなだけでなく、生体に対する親和性に優れ、体に害を与えないというメリットがあります。また審美治療では金属を一切使用しない『メタルフリー』の治療ができるため、金属アレルギーの方にも安心です。

白い詰め物・被せ物による治療(セラミック治療)

※インレー:歯に入れる詰め物
※クラウン:歯全体を覆う被せ物

オールセラミック【EMAX】
(インレー/クラウン)

オールセラミック【EMAX】(インレー/クラウン)

セラミックを100%使った詰め物・被せ物です。色調や透明感に優れ、天然歯に近い見た目を再現できます。
  • 天然歯に近い色や質感、透明感を再現できる
  • 耐久性に優れるため、長く使用しても変形や変色がない
  • 金属アレルギーの方も安心して使用できる
  • 歯や歯ぐきの変色をおこさない
  • 噛み合わせによっては使用できないことがある
  • 費用が高い

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

セラミックよりも硬いジルコニアは見た目も美しく、噛み合わせの強い奥歯にも使用できます。
  • 天然歯同様に白く、質感も良い
  • 奥歯にも使用できる
  • 耐久性に優れるため、長く使用しても変形や変色がない
  • 金属アレルギーの方も安心して使用できる
  • 歯や歯ぐきの変色をおこさない
  • 非常に硬いため、噛み合わせる天然歯を傷つけることがある
  • オールセラミックより費用が高い

メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウン

表側がセラミック、裏側が金属でできた被せ物です。
  • 天然歯同様の白さを持つ
  • 奥歯にも使用できる
  • 耐久性に優れるため、長く使用しても変形や変色がない
  • オールセラミックよりも透明感に劣る
  • 金属アレルギーの方には使用できない

ハイブリッドセラミック
(インレー/クラウン)

ハイブリッドセラミック(インレー/クラウン)

セラミックとプラスチックが合わさった素材でできた詰め物・被せ物です。セラミックより柔らかく、費用も安いのが特徴です。
  • 見た目が白い
  • 天然歯と同様の硬さを持ち、噛み合わせる歯を傷つけない
  • セラミックよりも安価
  • 長く使用するうちに変色することがある
  • セラミックよりも割れやすい

ラミネートべニア

ラミネートべニア

前歯の表面をわずかに削り、そこに薄いセラミックチップを貼りつけます。歯を削る量が少なくてすむのがメリットです。
  • 前歯の色と形を同時に変えられる
  • 歯を削る量が少ない
  • 前歯のすき間や歯並びを改善できる
  • 噛み合わせによっては適用できない場合がある

ホワイトニング

ホワイトニングの原理について

ホワイトニングの原理について

過酸化尿素と過酸化水素が、歯の表面(エナメル質)と内部(象牙質)を通過し、歯の着色の原因である色素分子を分解するフリーラジカル反応によって内部の色調が明るくなります。

院内でおこなう『オフィスホワイトニング』

院内でおこなう『オフィスホワイトニング』

ホワイトニングにかかるすべての工程を院内でおこないます。オフィスホワイトニングのメリットは効果の発現がスピーディーで、短期間で歯を白くできる点にあります。そのためホワイトニングにあまり時間をかけたくない方、大切なイベントが間近に控えている方などにおすすめです。

当院のオフィスホワイトニングは“光照射なし”

当院のオフィスホワイトニングは“光照射なし”

従来のオフィスホワイトニングは薬剤を歯の表面に塗布した後に特殊な光を照射しますが、当院では“光照射なし”のタイプをご提供しています。“光照射なし”のオフィスホワイトニングは光の当たり具合によるムラがなく、白さを均一に引き出せるのが特徴です。

オフィスホワイトニングの手順
  • オフィスホワイトニングの手順

    ① ホワイトニング材塗布前の準備を行います。

  • オフィスホワイトニングの手順

    ②オフィスホワイトニングを塗布し、20~40分歯の表面で作用させます。
    光照射不要のため、しみる症状が少ないです。

  • オフィスホワイトニングの手順

    ③オフィスホワイトニング材塗布後、水洗および吸引し除去します。

  • オフィスホワイトニングの手順

    ④即日で、理想的な白さになりました。

ご自宅でおこなう『ホームホワイトニング』

ご自宅でおこなう『ホームホワイトニング』

院内にて患者様専用のカスタムトレーを作製した後、ホワイトニングジェルと一緒にお渡しします。あとはお好きな時間、お好きな場所でホワイトニングの施術がおこなえるため、通院する時間のない方には最適です。
また効果があらわれるまでに時間は要するものの、ご自分の好みの色になるまで施術が続けられるほか、白さが長持ちしやすいというメリットがあります。したがってご自分のペースでホワイトニングをしたい方、白い歯を維持したい方にはホームホワイトニングがおすすめです。

ホームホワイトニングの手順
  • ホームホワイトニングの手順

    ①予め印象(型取り)を行いホワイトニング専用トレーを製作します。

  • ホームホワイトニングの手順

    ②ホワイトニング剤をトレーに塗布します。一回の使用でホワイトング剤半分の量が目安です。

  • ホームホワイトニングの手順

    ③ホワイトング剤を塗布したトレーを装着します。一日に2時間使用し、最長で2週間行います。

  • ホームホワイトニングの手順

    ④ホームホワイトニングにより、明るく持続的な白さが得られました。

ホワイトニング施術の注意点

ホワイトニング施術直後、下記の食品を食べると着色しホワイトニング効果が不十分となります。

24時間以内(酸性のもの)
果汁100%ジュース・炭酸飲料・スポーツドリンク・ビール・ワイン・缶チューハイ・日本酒・ウィスキー・柑橘系の果物・梅干し・ヨーグルト・ドレッシング など

48時間以内(着色しやすいもの)
コーヒー・紅茶・カレー・ミートソース・たばこ など

ホワイトニングの白さは永久的なものではありません。また、使用直後はやや後戻りが生じます。

オフィスホワイトニング:3~6ヶ月後(ホームホワイトニングと比較すると持続期間が短い傾向があります)
ホームホワイトニング:1年に1度

白さの持続期間は個人差があり、長期間維持するためには、着色しやすい食べ物・飲み物をとらないことが推奨されます。さらに、白さを維持するには追加ホワイトニングが必要になります。

下記の場合、ホワイトニングの施術は禁忌です。
  • 健全でない歯(う蝕、くさび状欠損、咬耗症、クラック)テトラサイクリン着色歯の場合、禁忌ではありませんが、通常に比べるとホワイトニング効果が得られにくい傾向があります。
  • 就寝中の装着
  • 無カタラーゼ症(体内中のカタラーゼが不足し、過酸化水素が分解できなくなる疾患)
  • 妊娠中、授乳期の女性
  • 未成年者
  • 重度の歯肉炎、歯周炎
  • 知覚過敏症の患者様
  • エチレン酢酸ビニルに対し、アレルギー反応がみられる場合
  • グリセリンに対しアレルギーがみられる場合

ホワイトニング費用

表示は税抜価格です。

オフィスホワイトニング 両顎 ¥40,000
リタッチ(半年以内) ¥20,000
ホームホワイトニング 両顎 ¥30,000
ジェル追加/1本 ¥2,000
デュアルホワイトニング 両顎 ¥60,000

ウルトラデント社の光照射不要の知覚過敏の少ないオパールエッセンスを使用しています。